NAS「HDL2-AA」導入事例【株式会社WinSoft】

導入事例TOPへ戻る

NAS「HDL2-AA」導入事例【株式会社WinSoft】

取材日:2017年1月24日

今的、システム開発|新しい時代の到来を告げる、コミットメントとは

専務取締役 小田高志 氏

そもそも私ども株式会社WinSoftの前身は、受託開発を主に請け負っているシステム開発会社でした。受託開発というのは、お客さまの必要とするシステムを設計したり、プログラミングをしたりということです。さまざまな営業形態の内容を知ることができましたし、お客さまと一体となりシステムを作り上げることができました。なにかとやりがいのある業務内容ではあったのですが、自社製品(パッケージ製品)を開発しようという考えに至りました。
そう語ってくださるのは株式会社WinSoft専務取締役の小田高志氏。ASPではじめるコールセンターシステム「アポ王next」とNAS「HDL2-AA」の融合性について、つまびらかにお話しいただきました。

理想を目指して|顧客の気持ちに軽やかに寄り添う、もの作り

主力製品についてお聞かせください。

専務取締役 小田高志 氏
専務取締役 小田高志 氏

小田氏10年ほど前の話になりますが、「電話機とシステム」いわゆる「CTIシステム」がまだ世の中に浸透していないように感じていました。なぜそう感じていたのか、理由はさまざまありますが、大きくはコスト面でしょうか。
当社の代表は『システムというものは、利用者の皆さまの身近にあるべきだ』という理念をもっていました。「CTIシステム」と当社の理念をなんとか“融合”できないか、試行錯誤した結果生み出されたシステムが主力製品の初代「アポ王」です。
現在は第3世代の「アポ王next」、クラウド完全対応モデルを中心にパッケージ販売を行っています。

「アポ王next」とはどのような製品ですか?

アポ王next

小田氏簡単に言うと、インターネット回線さえあればすぐにコールセンターを開設できるコールセンターシステム、それが「アポ王next」という製品です。アウトバウンドを中心とした電話営業業務に、ご活用いただいています。
紙のリストを用意したり、クレームや成約の管理、コール数の集計、アポイントが取れたデータをまとめて営業へ回すなどなど煩雑な作業も「アポ王next」をお使いいただければ効率化も望めますし、お客さまにもきめ細かな対応ができると、ご利用者さまから喜ばれています。

ご利用者さまのお声には、他にどのようなものがありますか?

小田氏前システムからの乗り換えの場合、導入に二の足をふんでいたけども、現場で活躍されているかたからは使いやすくなったというお声をいただいています。あとは、「お客さまを獲得するまでのプロセスの管理がしやすくなった」ですとか、管理者さまからは、「日々の集計が楽になった。リストの管理がしやすい」などなど。

システムを作る上で、こだわっていらっしゃる点は?

専務取締役 小田高志 氏

小田氏使いやすさに実は一番こだわっていまして、ユーザーインターフェイス(UI)というのでしょうか。システムは人に使ってもらってこそのシステムです。電話営業で活躍されている方の年齢層は幅広く、平均すると30∼40代の方が多くいらっしゃいます。なかにはパソコンが得意という方もいらっしゃいますが、大多数の方はパソコン操作が不得手でいらっしゃいます。そのためパソコンに不慣れな方にもマウスさえ動かせればシステムが使えるような仕組みにこだわっています。

細心のアフターケアと使いやすさ|つまり最上のベネフィット

NAS「HDL2-AA」はどのような使い方を?

小田氏私たちはなにより品質を重視しています。ご利用者には、お客さま対応の記録として録音データを録り溜めることにご利用いただいております。録音することで、お客さまへの応対の品質向上になりますし、通話内容の確認にもなります。
また、録音データのほか、ご利用されている方のデータなども一緒にプラスアルファで保存されていると聞いています。前のモデル「HDL2-A」からモデルチェンジしてミラーリングの信頼性がまた一段と上がり、拡張ボリュームも備わっているとのこと、そういった点も当社としてはうれしいポイントです。お客さまにはなるべく長く使い続けてもらいたく思っています。
「HDL2-AA」はこういった点で、当社のお客さまにご紹介しやすいというところも気に入っています。

ビジネスユーザーに選ばれてきた、アイ・オー・データ独自のデータ2重化技術「拡張ボリューム」

ポイント1 冗長性

ポイント2 拡張性

オールインワンパッケージに光明あり|これぞ究極CTIシステムの姿勢

今後の目標とされているイメージは?

株式会社WinSoft 社員様

小田氏当社ではテレアポに重視した製品を販売していますが、今後はその垣根を越えて、インバウンド(お客さまからのお問い合わせ)にも視野を広げ、営業からお客さまのアフターフォローまでオールインワンパッケージ製品の販売を考えています。
たとえば、「アポ王next」を使うと、コールボタンをクリックするだけで、コール数や、コネクト数を自動カウントできますし、アウトバウンドをかける方には、ワンクリックだけで登録ができるというのは大きなメリットの1つです。基本性能も大手メーカーの「CTIシステム」と比較しても遜色ないのではと自負しています。

めくるめく周辺機器の世界|確かな背景に裏打ちされてアイオーに決めました

ところで、アイオーをお知りになったきっかけは?

小田氏「アポ王next」が3世代目であることはお伝えしましたが、初代と2世代目はNASに自動的に録音データを録り溜めるというシステムではなかったため、都度ごとの録音をしていました。新しいソフトを開発する際に、都度ごとの録音では録り逃しもあるため、「自動的に録音データを録り溜める」という方法がお客さまに寄り添える良い方法なのではという結論に至ったのです。
とにかく録音データを溜めたいということと、同時接続数を基準に比較検討を行った結果アイオー製品が当社のニーズに一番近かったのでアイオーのNASを採用という運びになりました。また、私自身もアイ・オー・データはこの分野に強いことを知っていましたし、購買担当者より直販ショップアイオープラザの存在を知り、推薦されていましたのでそれも後押しになりました。

ありがとうございます

導入企業概要

株式会社WinSoft
企業名
株式会社WinSoft
http://www.winsoft.co.jp/
会社概要
1. パッケージ・ソフトウェア販売
2. ソフトウェア開発
3. システムコンサルティング
4. Webシステム構築
所在地
大阪府大阪市
設立
2005年6月
ご担当者名
専務取締役 小田高志 氏
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】