「ネットが遅い…」「動画が止まる…」そんなイライラを一気に解決!

最近、ネットが遅くなった…/夜になると動画が止まる… そんなイライラを一気に解決!
ハイビジョン動画も快適視聴/ネットがサクサクつかえる そんなイライラを一気に解決!

近年、スマホの普及や、動画配信サービスのような大容量コンテンツサービスの利用が急増し、インターネット上を流れる情報量が増加しています。そのため、利用が集中する昼休みや夜間にインターネットの通信速度が遅くなることがあります。次世代通信方式「IPoE」に変更するだけでインターネットを快適に利用することができます。

自宅でネットを使っていて、こんな経験ありませんか?

光回線など高速インターネットサービスを利用しているにも関わらず、以前よりもネットが遅くなったといった経験はありませんか?
例えば時間帯によって動画を見ていると途切れるようになったり、ネットゲームの反応が悪くなるなど、その症状はさまざまです。

今まで快適にネットができたのに…
最近ネットが遅くなった
昼休みや夜間になると動画が途切れる
ネットゲームの反応が悪い

ご存じですか? インターネット回線が混雑する理由

実は従来の方式である「PPPoE」は、利用者が増加しつづけているため、光やCATVといった回線の種別にかかわらずとても混雑している状況です。特に利用する時間帯によってネットが遅くなるといった症状はそれが原因です。

遅い車と速い車が混在してる上、ゲートがあるため混雑している

「IPv6」サービスを利用すれば解決できる! ゲートがなくてスムーズ

次世代方式である「IPv6」では、利用者の数の影響を受けにくいため、利用する時間帯にかかわらずいつでも快適にインターネットを楽しむことができます。

ゲートもなく、早い車専用の道路なので混雑しない

次世代通信方式IPv6サービスとは?

インターネットの爆発的普及により昨今の急拡大によって「IPv4アドレス」が枯渇してしまい、接続機器をこれ以上増やすことができなくなるといった問題が出てきました。そのためより多くのアドレス管理や接続の改善を目的として生まれたのが「IPv6」です。「IPv6(IPoE)」サービスや、従来の「IPv4」と共存できる「IPv4 over IPv6」といったサービスも提供されています。

  • ※プロバイダーへの契約変更手続きが必要。「IPv4 over IPv6」の提供は一部のプロバイダのみ。詳しくは下記を参照。
「IPv4 over IPv6」なら「IPv4」と「IPv6」を共存できる

IPv6(IPoE)サービスを利用するには

「IPv6(IPoE)」を利用するためには、フレッツ光・光コラボ対応プロバイダに申し込む必要があります。回線開通後は、対応した無線LANルーターをご準備いただくだけで、接続設定をすることなく「IPv6(IPoE)」をご利用いただけます。

  • 1 対応プロバイダへ申し込む
  • 2 対応無線ルーターを準備
  • 3 回線開通後接続するだけ!

「IPv6」利用時の実測値

「IPv4 over IPv6」サービス対応プロバイダ

  • ※2017年12月現在。 ※サービス名称は変更となる場合があります。

アイ・オーがおすすめ! Ipv6(IPoE)対応ルーター

  • 360コネクト搭載867Mbps対応Wi-Fiルーター WN-AX1167GR
  • 最大3年保証! 360コネクト搭載867Mbps対応Wi-Fiルーター WN-AX1167GR2
  • 360コネクト搭載1733Mbps対応Wi-Fiルーター WN-AX2033GR
このページのトップへ
PC版を表示